レジーナクリニック,渋谷,脱毛,医療脱毛,申し込み

【渋谷で格安の全身脱毛!】レジーナクリニックはこちら!料金の安さが売り!

九州で最安値の医療脱毛はここ!レジーナクリニックの価格にはかなわない!?

読了までの目安時間:約 6分

 

九州で医療脱毛を行いたい方は必見!

 

破格の安さで脱毛ができるレジーナクリニックのご紹介!

 

まずはこの画像を御覧ください。

 

 

もしあなたがいままでに全身脱毛をしたことがあればわかると思いますが、
多くのクリニックの価格を抑え、最安値の価格設定と言えます。

 

ほとんどのクリニックが25万円を下回ることがありませんので、

この価格設定は見事といえるでしょう。

 

レジーナクリニックは九州にもクリニックを開院しており、

現在では福岡院が存在しています。

 

もしあなたがこの付近で、価格が安い医療脱毛のクリニックを探しているのであれば、

レジーナクリニックをおすすめします。

 

もちろん各部位での脱毛に対応しており、

部位ごとの脱毛であっても価格の安さは同じです。

 

 

もちろんこのぐらいの価格設定のクリニックがまったくない・・・とは言いませんが、

あっても東京のみでしか行っていないクリニックであったりなど、

一部の地域に限られてしまいます。

 

その点、レジーナクリニックであれば、

通常価格の安さも去ることながら、九州、関西、関東、北海道など、

さまざまな場所でクリニックを展開しており、

お住いの場所によっては近場で脱毛を行うことができます。

 

 

レジーナクリニックのおすすめポイント

 

価格の安さに関しては先程の通りですが、

それ以外にもレジーナクリニックのおすすめポイントをご紹介します。

 

まず、日焼けをしている方の脱毛です。

 

 

日焼けをしていれば脱毛の受付を断られる場合もある。

 

こんな話を聞いたことがある人は多いかもしれませんが、

これは脱毛機器のタイプによるものです。

 

現在でも行われている脱毛方法としては、アレキサンドライトレーザーと呼ばれる、

メラニン色素に反応するレーザーを用いて脱毛を行っています。

 

もちろんこれが駄目ということではありませんが、

このメラニン色素は黒色の色素であり、これに反応するということは、

日焼けがひどい方の脱毛が難しく、産毛などには反応が薄いなどのデメリットもあります。

 

レジーナクリニックで使用しているジェントルレースプロという脱毛機器も、

このタイプになりますので例外ではありません。

 

 

ですが、これをカバーする方法として、レジーナクリニックではもう一つ、

ソプラノアイスプラチナムという脱毛機器を使用しています。

 

 

これは蓄熱式と呼ばれる脱毛機器であり、レーザーのタイプも全く異なります。

 

メラニン色素に反応するものではないため、日焼けをしていても、

産毛の方でも問題なく脱毛を行うことができるのが強みです。

 

これらの脱毛機器を使い分けて運営しているため、

レジーナクリニックでは日焼けをしていても、産毛が多くても脱毛が可能です。

 

21時まで脱毛を行っている

医療脱毛と言えど、結局は病院扱いになるため、

普通の病院と同じように19時ぐらいまでに閉まってしまうクリニックは多数あります。

 

ですが、レジーナクリニックは21時とかなり遅い時間帯まで営業を行っており、

仕事終了後に脱毛・・・なんてこともできます。

 

 

最近では女性が遅くまで仕事をするのが当たり前の時代になっているため、

このように遅い時間まで受付を行っているクリニックがあるのは

非常に助かるのではないでしょうか?

 

女性限定のクリニックである

レジーナクリニックは男性の受付を一切行っておらず、

あくまで女性のみのクリニックです。

 

 

同じ室内に女性いるのも嫌なのに、男性がいるのは。。。

そう考えてしまう人もいるのではないでしょうか?

 

もちろん部屋はある程度離れているとは思いますが、

やはり気になる人は気になってしまうでしょう。

 

ですが、レジーナクリニックに関してはその心配は全くの不要のようですね。

 

安心して脱毛を行うことができます。

 


 

以上がレジーナクリニックの特徴になります。

 

もしあなたが医療脱毛を本気で考えているのであれば。

 

レジーナクリニックを選択してみてはいかがでしょうか?

 

今すぐ無料カウンセリングを申し込んでみる

 

 

 

タグ :     

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る